WebLogic Serverインストール


(18)

※なぜかUbuntu20の場合、サービス起動時に途中でとまる

前提:
jdk1.8.0_321 jdk-8u321-linux-x64.tar.gz
Oracle WebLogic Server 14c (14.1.1.0) fmw_14.1.1.0.0_wls_lite_Disk1_1of1.zip
GUI追加済


-- 1. JDKインストール

https://www.oracle.com/java/technologies/downloads/#java8-linux


sudo adduser --home /home/weblogic weblogic
sudo apt install -y unzip


weblogicユーザでログイン

tar xvzf jdk-8u321-linux-x64.tar.gz


vim ~/.profile
export JAVA_HOME="/home/weblogic/jdk1.8.0_321"
export PATH=$PATH:/home/weblogic/jdk1.8.0_321/bin

source  ~/.profile
echo $JAVA_HOME

java -version
javac -version

 

-- 2. WebLogic Serverインストール
https://www.oracle.com/middleware/technologies/weblogic-server-installers-downloads.html

Generic Installer for Oracle WebLogic Server and Oracle Coherence:


unzip fmw_14.1.1.0.0_wls_lite_Disk1_1of1.zip

java -jar fmw_14.1.1.0.0_wls_lite_generic.jar

すべてデフォルトで進める

インベントリ・ディレクトリ: /home/weblogic/oraInventory
オペレーティング・システム・グループ: weblogic

自動更新: スキップ
Oracleホーム: /home/weblogic/Oracle/Middleware/Oracle_Home
インストールタイプ: WebLogic Server

構成ウィザードの自動起動にチェックがついていることを確認して終了ボタン押下


すべてデフォルトで進める

ドメインの場所: /home/weblogic/Oracle/Middleware/Oracle_Home/user_projects/domains/base_domain
テンプレート: 製品テンプレートを使用してドメインを作成
管理者アカウント: weblogic
ドメインモード: 開発モード
拡張構成: チェックなし


-- 3. サービス起動

cd /home/weblogic/Oracle/Middleware/Oracle_Home/user_projects/domains/base_domain

./startWebLogic.sh

 


-- 4. 管理コンソールにログイン
http://192.168.137.155:7001/console


-- 5. データソース作成


サービス→データ・ソース
新規→汎用データソース

データ・ソースの名前: DataSource01
JNDI名: test
データベースのタイプ: Oracle
データベース・ドライバ: Oracle's Driver(Thin) for Service connections; Versions:Any
グローバル・トランザクションのサポート: チェックなし
データベース名: pdb1
ホスト名: 192.168.137.133
ポート: 1521
データベース・ユーザー名: test

ドライバ・クラス名: oracle.jdbc.OracleDriver
URL: jdbc:oracle:thin:@//192.168.137.133:1521/pdb1
プロパティ: user=test
テスト対象の表名: select * from v$instance

ターゲットの選択: AdminServer

 

(10)

前提:
jdk1.8.0_321 jdk-8u321-linux-x64.tar.gz
Oracle WebLogic Server 14c (14.1.1.0) fmw_14.1.1.0.0_wls_lite_Disk1_1of1.zip


-- 1. JDKインストール

https://www.oracle.com/java/technologies/downloads/#java8-linux


sudo adduser --home /home/weblogic weblogic
sudo apt install -y unzip
sudo apt install -y vim


weblogicユーザでログイン

tar xvzf jdk-8u321-linux-x64.tar.gz


vim ~/.profile
export JAVA_HOME="/home/weblogic/jdk1.8.0_321"
export PATH=/home/weblogic/jdk1.8.0_321/bin:$PATH

source  ~/.profile
echo $JAVA_HOME

java -version
javac -version

 

 

-- 2. WebLogic Serverインストール
https://www.oracle.com/middleware/technologies/weblogic-server-installers-downloads.html

Generic Installer for Oracle WebLogic Server and Oracle Coherence:


unzip fmw_14.1.1.0.0_wls_lite_Disk1_1of1.zip

java -jar fmw_14.1.1.0.0_wls_lite_generic.jar

すべてデフォルトで進める

インベントリ・ディレクトリ: /home/weblogic/oraInventory
オペレーティング・システム・グループ: weblogic

自動更新: スキップ
Oracleホーム: /home/weblogic/Oracle/Middleware/Oracle_Home
インストールタイプ: WebLogic Server

構成ウィザードの自動起動にチェックがついていることを確認して終了ボタン押下


すべてデフォルトで進める

ドメインの場所: /home/weblogic/Oracle/Middleware/Oracle_Home/user_projects/domains/base_domain
テンプレート: 製品テンプレートを使用してドメインを作成
管理者アカウント: weblogic
ドメインモード: 開発モード
拡張構成: チェックなし


-- 3. サービス起動

cd /home/weblogic/Oracle/Middleware/Oracle_Home/user_projects/domains/base_domain

./startWebLogic.sh


-- 4. 管理コンソールにログイン
http://192.168.137.180:7001/console


-- 5. データソース作成


サービス→データ・ソース
新規→汎用データソース

データ・ソースの名前: DataSource01
JNDI名: test
データベースのタイプ: Oracle
データベース・ドライバ: Oracle's Driver(Thin) for Service connections; Versions:Any
グローバル・トランザクションのサポート: チェックなし
データベース名: pdb1
ホスト名: 192.168.137.133
ポート: 1521
データベース・ユーザー名: test

ドライバ・クラス名: oracle.jdbc.OracleDriver
URL: jdbc:oracle:thin:@//192.168.137.133:1521/pdb1
プロパティ: user=test
テスト対象の表名: select * from v$instance

ターゲットの選択: AdminServer


(7)
https://santakalog.com/2020/02/03/app-weblogic-tutorial/

前提:
jdk1.8.0_321 jdk-8u321-linux-x64.rpm
Oracle WebLogic Server 14c (14.1.1.0) fmw_14.1.1.0.0_wls_lite_Disk1_1of1.zip


-- 1. JDKインストール

https://www.oracle.com/java/technologies/downloads/#java8-linux

rpm -ivh jdk-8u321-linux-x64.rpm

alternatives --config java


-- 2. WebLogic Serverインストール
https://www.oracle.com/middleware/technologies/weblogic-server-installers-downloads.html

Generic Installer for Oracle WebLogic Server and Oracle Coherence:

※スーパーユーザではインストールできない。weblogicユーザで実行

useradd weblogic
echo weblogic | passwd --stdin weblogic

weblogicユーザでログイン

vim ~/.bash_profile
export JAVA_HOME="/usr/java/default"

source  ~/.bash_profile
echo $JAVA_HOME

java -version
javac -version

unzip fmw_14.1.1.0.0_wls_lite_Disk1_1of1.zip

java -jar fmw_14.1.1.0.0_wls_lite_generic.jar

すべてデフォルトで進める

インベントリ・ディレクトリ: /home/weblogic/oraInventory
オペレーティング・システム・グループ: weblogic

自動更新: スキップ
Oracleホーム: /home/weblogic/Oracle/Middleware/Oracle_Home
インストールタイプ: WebLogic Server

構成ウィザードの自動起動にチェックがついていることを確認して終了ボタン押下


すべてデフォルトで進める

ドメインの場所: /home/weblogic/Oracle/Middleware/Oracle_Home/user_projects/domains/base_domain
テンプレート: 製品テンプレートを使用してドメインを作成
管理者アカウント: weblogic
ドメインモード: 開発モード
拡張構成: チェックなし


-- 3. サービス起動

cd /home/weblogic/Oracle/Middleware/Oracle_Home/user_projects/domains/base_domain

./startWebLogic.sh


-- 4. 管理コンソールにログイン
http://192.168.137.128:7001/console


-- 5. データソース作成


サービス→データ・ソース
新規→汎用データソース

データ・ソースの名前: DataSource01
JNDI名: test
データベースのタイプ: Oracle
データベース・ドライバ: Oracle's Driver(Thin) for Service connections; Versions:Any
グローバル・トランザクションのサポート: チェックなし
データベース名: pdb1
ホスト名: 192.168.137.133
ポート: 1521
データベース・ユーザー名: test

ドライバ・クラス名: oracle.jdbc.OracleDriver
URL: jdbc:oracle:thin:@//192.168.137.133:1521/pdb1
プロパティ: user=test
テスト対象の表名: select * from v$instance

ターゲットの選択: AdminServer

 


(2019)

https://qiita.com/sahn/items/51a20dea155fdfdcc8b9
http://itbibo.php.xdomain.jp/weblogic-12c-install/

前提:
jdk1.8.0_321 jdk-8u321-windows-x64.exe
Oracle WebLogic Server 14c (14.1.1.0) fmw_14.1.1.0.0_wls_lite_Disk1_1of1.zip

 

-- 1. JDKインストール
https://www.oracle.com/java/technologies/downloads/#java8-windows


-- 2. WebLogic Serverインストール
https://www.oracle.com/middleware/technologies/weblogic-server-installers-downloads.html

Generic Installer for Oracle WebLogic Server and Oracle Coherence:

ダウンロードしたzipファイルを展開

cd C:\Users\Administrator\Downloads\fmw_14.1.1.0.0_wls_lite_Disk1_1of1
"C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_321\bin\java.exe" -jar fmw_14.1.1.0.0_wls_lite_generic.jar

すべてデフォルトで進める

自動更新: スキップ
Oracleホーム: C:\Oracle\Middleware\Oracle_Home
インストールタイプ: WebLogic Server

構成ウィザードの自動起動にチェックがついていることを確認して終了ボタン押下


すべてデフォルトで進める

ドメインの場所: C:\Oracle\Middleware\Oracle_Home\user_projects\domains\base_domain
テンプレート: 製品テンプレートを使用してドメインを作成
管理者アカウント: weblogic
ドメインモード: 開発モード
拡張構成: チェックなし


-- 3. サービス起動

cd C:\Oracle\Middleware\Oracle_Home\user_projects\domains\base_domain
startWebLogic.cmd

-- 4. 管理コンソールにログイン
http://mmm176:7001/console

 

-- 5. データソース作成


サービス→データ・ソース
新規→汎用データソース

データ・ソースの名前: DataSource01
JNDI名: test
データベースのタイプ: Oracle
データベース・ドライバ: Oracle's Driver(Thin) for Service connections; Versions:Any
グローバル・トランザクションのサポート: チェックなし
データベース名: pdb1
ホスト名: 192.168.137.133
ポート: 1521
データベース・ユーザー名: test

ドライバ・クラス名: oracle.jdbc.OracleDriver
URL: jdbc:oracle:thin:@//192.168.137.133:1521/pdb1
プロパティ: user=test
テスト対象の表名: select * from v$instance

ターゲットの選択: AdminServer