JP1/PFM(シングル)の構築

参考マニュアル:
JP1 Version 12 パフォーマンス管理 基本ガイド
JP1 Version 12 JP1/Performance Management 運用ガイド


マネージャーホスト: mmm121 CentOS7 PFM - Manager PFM - Web Console
エージェントホスト: mmm122 CentOS7 PFM - Base PFM - Agent Option for Platform


--リリースノート確認
JP1/Performance Management - Managerリリースノート

2. 本製品をご使用いただくには,以下に示すRPMパッケージまたは
その後継RPMパッケージの適用が必要となります。
glibc-2.17-78.el7.i686.rpm ※1
glibc-2.17-78.el7.x86_64.rpm ※2
・libstdc++-4.8.3-9.el7.i686.rpm
・libstdc++-4.8.3-9.el7.x86_64.rpm
・ncurses-5.9-13.20130511.el7.x86_64.rpm
・nss-softokn-freebl-3.16.2.3-9.el7.i686.rpm
・nss-softokn-freebl-3.16.2.3-9.el7.x86_64.rpm
・libgcc-4.8.3-9.el7.i686.rpm
・libgcc-4.8.3-9.el7.x86_64.rpm
・iproute-3.10.0-21.el7.x86_64.rpm


3. 定義情報のバックアップコマンド(jpccfgbackupコマンド)をご使用いただくには,
以下に示すRPMパッケージまたはその後継RPMパッケージの適用が必要となります。
ksh-20120801-19.el7.x86_64.rpm

JP1/Performance Management - Web Consoleリリースノート

2. 本製品をご使用いただくには,以下に示すRPMパッケージまたは
その後継RPMパッケージの適用が必要となります。
glibc-2.17-78.el7.i686.rpm ※1
・libstdc++-4.8.3-9.el7.i686.rpm
・libgcc-4.8.3-9.el7.i686.rpm
・ncompress-4.2.4.4-3.el7.x86_64.rpm
・tar-1.26-29.el7.x86_64.rpm
gdb-7.6.1-64.el7.x86_64.rpm
gzip-1.5-7.el7.x86_64.rpm
・lksctp-tools-1.0.13-3.el7.x86_64.rpm
・net-tools-2.0-0.17.20131004git.el7.x86_64.rpm
・ncurses-5.9-13.20130511.el7.x86_64.rpm
glibc-2.17-78.el7.x86_64.rpm ※2
glibc-common-2.17-78.el7.x86_64.rpm ※3
glibc-devel-2.17-78.el7.i686.rpm ※4
glibc-devel-2.17-78.el7.x86_64.rpm ※5
glibc-headers-2.17-78.el7.x86_64.rpm ※6
glibc-utils-2.17-78.el7.x86_64.rpm ※7
・nscd-2.17-78.el7.x86_64.rpm ※8
tcsh-6.18.01-7.el7.x86_64.rpm
・nss-softokn-freebl-3.16.2.3-9.el7.i686.rpm
・sysstat-10.1.5-7.el7.x86_64.rpm
yum update -y

rpm -qa | grep glibc
rpm -qa | grep libstdc
rpm -qa | grep ncurses
rpm -qa | grep nss-softokn-freebl
rpm -qa | grep libgcc
rpm -qa | grep iproute
rpm -qa | grep ksh
rpm -qa | grep ncompress
rpm -qa | grep tar
rpm -qa | grep gdb
rpm -qa | grep gzip
rpm -qa | grep lksctp-tools
rpm -qa | grep net-tools
rpm -qa | grep nscd
rpm -qa | grep tcsh
rpm -qa | grep sysstat


yum -y install \
glibc.i686 \
glibc-devel.x86_64 \
glibc-devel.i686 \
glibc-headers.x86_64 \
glibc-utils.x86_64 \
libstdc++.i686 \
nss-softokn-freebl.i686 \
libgcc.i686 \
ksh.x86_64 \
nscd.x86_64

 

 

JP1/Performance Management - Baseリリースノート

2. 本製品をご使用いただくには,以下に示すRPMパッケージまたは
その後継RPMパッケージの適用が必要となります。
glibc-2.17-78.el7.i686.rpm ※1
glibc-2.17-78.el7.x86_64.rpm ※2
・libstdc++-4.8.3-9.el7.i686.rpm
・libstdc++-4.8.3-9.el7.x86_64.rpm
・ncurses-5.9-13.20130511.el7.x86_64.rpm
・nss-softokn-freebl-3.16.2.3-9.el7.i686.rpm
・nss-softokn-freebl-3.16.2.3-9.el7.x86_64.rpm
・libgcc-4.8.3-9.el7.i686.rpm
・libgcc-4.8.3-9.el7.x86_64.rpm
・iproute-3.10.0-21.el7.x86_64.rpm

3. 定義情報のバックアップコマンド(jpccfgbackupコマンド)をご使用いただくには,
以下に示すRPMパッケージまたはその後継RPMパッケージの適用が必要となります。
ksh-20120801-19.el7.x86_64.rpm

JP1/Performance Management - Agent Option for Platformリリースノート
2. 本製品をご使用いただくには,以下に示すRPMパッケージまたは
その後継RPMパッケージの適用が必要となります。
glibc-2.17-78.el7.x86_64.rpm ※1
・libstdc++-4.8.3-9.el7.x86_64.rpm
・ncurses-5.9-13.20130511.el7.x86_64.rpm
・nss-softokn-freebl-3.16.2.3-9.el7.x86_64.rpm
・libgcc-4.8.3-9.el7.x86_64.rpm

yum update -y

rpm -qa | grep glibc
rpm -qa | grep libstdc
rpm -qa | grep ncurses
rpm -qa | grep nss-softokn-freebl
rpm -qa | grep libgcc
rpm -qa | grep iproute
rpm -qa | grep ksh
rpm -qa | grep ncompress
rpm -qa | grep tar
rpm -qa | grep gdb
rpm -qa | grep gzip
rpm -qa | grep lksctp-tools
rpm -qa | grep net-tools
rpm -qa | grep nscd
rpm -qa | grep tcsh
rpm -qa | grep sysstat


yum -y install \
glibc.i686 \
glibc-devel.x86_64 \
glibc-devel.i686 \
glibc-headers.x86_64 \
glibc-utils.x86_64 \
libstdc++.i686 \
nss-softokn-freebl.i686 \
libgcc.i686 \
ksh.x86_64 \
nscd.x86_64

 


--1.4 監視マネージャーの構築(Linuxの場合)
--1.4.1 PFM - Managerを新規インストールする(Linuxの場合)

export LANG=ja_JP.UTF-8

/bin/mount -t iso9660 -r JP1PFM_1200L_P.iso /mnt

/mnt/x64lin/setup /mnt

最後のYは小文字で入力


--1.4.2 PFM - Managerをセットアップする(Linuxの場合)

(1) PFM - Managerで使用するポート番号を設定する

----ポート番号設定
/opt/jp1pc/tools/jpcconf port define -key all


----ポート番号確認
/opt/jp1pc/tools/jpcconf port list -key all


(2) 監視マネージャーの監視ホスト名をエイリアス名に変更する

mkdir /root/backup

----エイリアス名確認
/opt/jp1pc/tools/jpcconf host hostmode -display

----エイリアス名設定
/opt/jp1pc/tools/jpcconf host hostmode -mode alias -aliasname mmm121 -d /root/backup


(3) エイリアス名で名前解決できるように設定する


vim /opt/jp1pc/jpchosts

mmm121 192.168.137.121
mmm122 192.168.137.122

----PFM Managementサービス確認
/opt/jp1pc/tools/jpctool service list -key all


----PFM Managementサービス起動
/opt/jp1pc/tools/jpcspm start -key all


----PFM Managementサービス停止
/opt/jp1pc/tools/jpcspm stop -key all


--1.4.3 PFM - Web Consoleを新規インストールする(Linuxの場合)

export LANG=ja_JP.UTF-8

/bin/mount -t iso9660 -r JP1PFM_1200L_P.iso /mnt

/mnt/x64lin/setup /mnt

最後のYは小文字で入力


--1.4.4 PFM - Web Consoleをセットアップする(Linuxの場合)

(1) PFM - Web ConsoleのWeb Serviceサービスが使用するポート番号を設定する

vim /opt/jp1pcwebcon/CPSB/httpsd/conf/httpsd.conf

必要に応じて198行目付近のポート番号を変更

 

----PFM - Web Consoleのサービス起動
/opt/jp1pcwebcon/tools/jpcwstart

----PFM - Web Consoleのサービス停止
/opt/jp1pcwebcon/tools/jpcwstop


なお,あらかじめpfmwebcon_host.confファイルを編集しておくことで,
jpctool service listコマンドを実行するホストにインストールされているPFM - Web Consoleのサービスの稼働状況をあわせて確認できるようになります。
編集方法は,PFM - ManagerまたはPFM - Baseと,PFM - Web Consoleを連携して起動・停止させる場合と同様です。
編集方法については,「1.4.1 起動および停止を連携させるための設定」を参照してください。

vim /opt/jp1pcwebcon/conf/pfmwebcon_host.conf

HOST_NAME=localhost


----PFM - Web Consoleのサービス確認
/opt/jp1pc/tools/jpctool service list -key wc

 

(6) 監視コンソールからPerformance Managementにログインする


http://192.168.137.121:20358/PFMWebConsole/login.do


ユーザ名:ADMINISTRATOR
パスワード:設定なし

(7) ユーザーアカウントを作成する

(8) PFM - Web Consoleの認証用のキーファイルを作成する

View Serverサービスが起動していることを確認

/opt/jp1pc/tools/jpctool service list -id "*" -host "*"


Performance Managementの運用で使用するユーザーアカウントのユーザー名およびパスワードを指定する

/opt/jp1pcwebcon/tools/jpcmkkey -user "ADMINISTRATOR" -password 'Aaa!1234'


--1.4.5 監視マネージャーでPerformance Managementのサービスを起動する(Linuxの場合)

----PFM Managementサービス確認
/opt/jp1pc/tools/jpctool service list -key all


----PFM Managementサービス起動
/opt/jp1pc/tools/jpcspm start -key all


----PFM Managementサービス停止
/opt/jp1pc/tools/jpcspm stop -key all


--1.6 監視エージェントの構築(Linuxの場合)
--1.6.1 PFM - Baseを新規インストールする(Linuxの場合)

export LANG=ja_JP.UTF-8

/bin/mount -t iso9660 -r JP1PFM_1200L_P.iso /mnt

/mnt/x64lin/setup /mnt

接続先PFM - Managerのホスト名を入力する(エイリアス名)


最後のYは小文字で入力

--1.6.2 PFM - Agent Option for Platformを新規インストールする(Linuxの場合)

/opt/jp1pc/tools/jpcspm stop -key all
/opt/jp1pc/tools/jpctool service list -key all

export LANG=ja_JP.UTF-8

/bin/mount -t iso9660 -r JP1PFM_1200L_P.iso /mnt

/mnt/x64lin/setup /mnt


最後のYは小文字で入力


--1.6.3 PFM - BaseおよびPFM - Agent Option for Platformをセットアップする(Linuxの場合)

(1) PFM - Agentで使用するポート番号を設定する

----ポート番号設定
/opt/jp1pc/tools/jpcconf port define -key all


----ポート番号確認
/opt/jp1pc/tools/jpcconf port list -key all


(2) 監視エージェントの監視ホスト名をエイリアス名に変更する

mkdir /root/backup

----エイリアス名確認
/opt/jp1pc/tools/jpcconf host hostmode -display

----エイリアス名設定
/opt/jp1pc/tools/jpcconf host hostmode -mode alias -aliasname mmm122 -d /root/backup


(3) エイリアス名で名前解決できるように設定する


vim /opt/jp1pc/jpchosts

mmm121 192.168.137.121
mmm122 192.168.137.122

--1.6.4 監視エージェントでPerformance Managementのサービスを起動する(Linuxの場合)

----PFM Managementサービス確認
/opt/jp1pc/tools/jpctool service list -key all


----PFM Managementサービス起動
/opt/jp1pc/tools/jpcspm start -key all


----PFM Managementサービス停止
/opt/jp1pc/tools/jpcspm stop -key all


--1.6.5 監視マネージャーと監視エージェントが通信できているかを確認する(Linuxの場合)

監視エージェントのサービスの状態を確認します

次のサービスが起動していることを確認
Action Handlerサービス
Agent Collectorサービス
Agent Storeサービス

/opt/jp1pc/tools/jpctool service list -id "*" -host "*"


--1.6.6 監視コンソールに監視エージェントを表示する(Linuxの場合)


--2.3 監視に必要な準備
--2.3.1 使用する監視テンプレートを選択する流れ(業務システムの監視と問題への対処)
--2.3.2 監視エージェントにアラームテーブルをバインドする
--2.3.3 正しく監視が開始されているかを確認する
--2.4 監視状況の確認と調査
--2.4.1 システムの概況を確認する
--2.4.2 アラームの状態を確認する
--2.4.3 アラームに関連づけられているレポートを表示する
--2.4.4 ドリルダウンレポートを表示する